ファクタリング乗り換えでおすすめの優良会社9選!適切なタイミングも紹介
この記事はPRを含みます

当サイトでは一部の記事で商品のご紹介を行なっております。
当サイトを経由しサービスの申し込みや商品の購入があった場合には、提供企業から報酬を受け取る場合がありますが、これは当サイト内の各サービスの紹介や評価、ランキング等に影響を及ぼすものではありません。

 

企業の資金調達の際に利用されるファクタリングサービス。手軽に資金調達できることから、多くの企業に利用されています。

しかし、中には高額な手数料や不透明な契約を提示する悪質なファクタリング会社も存在します。悪質な会社や自社とは合わないと感じた場合、他社への乗り換えが必要です。

本記事では、ファクタリング乗り換えにおすすめの優良会社9選を紹介します。適切な乗り換えタイミングも紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

ファクタリング会社は乗り換えできる?

ファクタリング会社は乗り換えが可能です。現在利用しているファクタリング会社との契約を解消し、別のファクタリング会社に乗り換えられます。

乗り換える際は一定の手続きや注意点があるものの、適切に移行すれば新しいファクタリング会社を利用することができます。手数料が高い、使いづらいなど、ファクタリングに関する不満がある場合は、ファクタリング会社の乗り換えを検討してみましょう。

ファクタリング乗り換えにおすすめの優良会社9選

ファクタリング乗り換えにおすすめの会社は、以下の9社です。

  1. ビートレーディング
  2. アクセルファクター
  3. ファストファクタリング
  4. Best Factor
  5. クイックマネジメント
  6. ジャパンマネジメント
  7. ランクファクター
  8. イージーファクター
  9. 日本中小企業金融サポート機構

それぞれの会社の特徴を解説します。

ビートレーディング

運営会社株式会社ビートレーディング
手数料2者間ファクタリング:4%~12%程度
3者間ファクタリング:2%~9%程度
入金日数最短2時間
利用可能額上限・下限なし
公式https://betrading.jp/

ビートレーディングは柔軟でスピーディーなファクタリングサービスを提供している会社です。資金調達までのスピードが際立っており、急な資金ニーズにも対応可能。手数料も比較的安価で、過去のクライアントからも高い評価を受けています。

ファクタリング業界のパイオニアとしてこれまで5.2万社以上に選ばれた実績も。利用可能額に制限もないため、利用しやすいファクタリング会社といえるでしょう。

\月間1,000件の実績があるファクタリング会社/

アクセルファクター

運営会社株式会社アクセルファクター
手数料2%~
入金日数最短即日
利用可能額30万円~
公式https://accelfacter.co.jp/

アクセルファクターは、幅広い業種に対応可能なファクタリング会社です。即日入金や審査時間最短1時間といった迅速なサービスが魅力的。

柔軟な対応力があり、取引先の規模や業績に関係なく、資金調達が可能です。アクセルファクターは、クライアントとの信頼関係を大切にしており、スピーディーで透明性の高いサービスを提供しています。

信頼関係を重要視している方は、利用を検討してみても良いでしょう。

\審査通過率が93%超えの高水準/

ファストファクタリング

運営会社ファストファクタリング
手数料要問い合わせ
入金日数最短即日
利用可能額要問い合わせ
公式サイトhttps://fastfactor.net/ad/011/index.html

ファストファクタリングは、迅速な対応が魅力のファクタリング会社です。即日対応や最短60秒のクイック査定が可能で、事業の急な資金ニーズに迅速に対応できます。

資金調達の手続きも簡便で、クイックな資金確保が可能。企業が売掛金を早期に現金化したい場合に便利なサービスです。手軽さを重視する方から人気が高いファクタリング会社といえるでしょう。

\最短即日で資金化!/

Best Factor

運営会社株式会社アレシア
手数料2%~20%
入金日数最短即日
利用可能額30万円以上
公式https://bestfactor.jp/

Best Factorは、高い信頼性と柔軟性が特徴的な会社です。クライアントのニーズに合わせてカスタマイズされたファクタリングサービスを提供しています。

業界トップクラスの手数料の安さも持っており、余計なコストを抑えられるというメリットもあります。ファクタリングのプロセスをスムーズかつ効率的に進め、クライアントの資金調達をサポートする会社です。

\担保・保証人は不要!/

クイックマネジメント

運営会社株式会社クイック
手数料要問い合わせ
入金日数最短30分
利用可能額最大5,000万円
公式https://quick-management.jp/

クイックマネジメントはスピーディーかつシンプルなファクタリングプロセスで知られている会社です。最短30分での資金調達や柔軟な審査基準が特徴的で、手軽さに魅力があります。

銀行からの融資が難しい場合でも、ファクタリングならスムーズに対応してもらえるケースは少なくありません。最大5,000万円まで利用できるので、検討する選択肢の1つになるでしょう。

\売掛先の企業にも知られない!/

ジャパンマネジメント

運営会社株式会社ラインオフィスサービス
手数料要問い合わせ
入金日数最短1日
利用可能額最大5,000万円
公式https://www.japan-management.com/

ジャパンマネジメントは、ファクタリングにおいて「借り入れない資金調達」という特徴を持っています。バランスシート上で、売掛債権が未収入金として計上され、これをファクタリングにより現金化することでキャッシュフローを改善します。

最短1日で入金可能で、迅速な対応をしてもらえる点もメリットも1つ。東京・福岡を中心に、24時間・日本全国からの相談を受け付けています。来店不要で、日本全国への対応が可能です。

\償還請求権なし!/

ランクファクター

運営会社FCマーケティング株式会社
手数料要問い合わせ
入金日数最短即日
利用可能額要問い合わせ
公式https://rank-factor.com/

ランクファクターは、手頃な手数料とスピーディーな審査が魅力のファクタリング会社です。適切な資金調達ソリューションを提供し、クライアントとの透明性の高い信頼関係を築いています。

柔軟でカスタマイズされたサービス提供は、実際のクライアントからの評価も申し分ありません。資金調達したいときには、スピード感のある対応をしてもらえるでしょう。利用者様とファクタリング会社の間に立ち、中立の立場からのサポートに定評があります。

\1年中ファクタリングの相談が可能/

イージーファクター

運営会社株式会社 No.1
手数料2〜8%
入金日数最短60分
利用可能額300万円~上限なし
公式https://no1service.co.jp/easyfactor/

イージーファクターは、オンライン完結請求書による効率的な資金調達を提供している会社です。クラウドサインを用いて、お申し込みから契約までをオンラインで完結。最短60分のスピーディーな対応と手数料の幅広い選択肢が特徴的です。

ビジネスの合間でも利用できる手軽さが人気で、多くのユーザーを抱えています。最短60分での入金実績もあり、スピード感に定評のあるファクタリング会社といえるでしょう。

\お見積もりは最短10分!/

日本中小企業金融サポート機構

運営会社一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
手数料1.5%~
入金日数最短3時間
利用可能学上限・下限なし
公式https://chushokigyo-support.or.jp/

日本中小企業金融サポート機構は、中小企業向けに包括的な金融支援を行っている団体です。低金利融資や助成金制度、経営相談サービスなど、企業の成長をサポートするプログラムが充実しています。

ファクタリング以外の多様な金融サービスも提供しており、過去には多数の支援実績があります。資金調達、事業再生、M&A・事業承継の知見も豊富で、法人向けのサービスを数多く提供。信頼性が高いファクタリングサービスを利用したいときは、検討してみるといいでしょう。

\中小企業の資金調達をサポート/

ファクタリング乗り換えのメリット3つ

ファクタリング乗り換えのメリットは、以下の3つです。

  1. 手数料のコストダウンが見込める
  2. 手続きで発生する手間が軽減する
  3. 買取金額の増額につながる

それぞれ解説します。

手数料のコストダウンが見込める

ファクタリングの手数料には、サービスごとに差があります。

既存のファクタリング契約よりも手数料が低い提供業者に乗り換えることで、企業はコストの削減が期待できるでしょう。

手数料削減は、企業の収益向上に直結し、資金を有効活用できる余裕をもたらします。

手続きで発生する手間が軽減する

ファクタリングサービスの乗り換えに伴い、手続きや契約プロセスが簡略化されるという点もメリットの1つです。新たなサービス提供業者が、効率的でユーザーフレンドリーなプロセスを提供する場合、企業は手続きの時間を削減でき、業務効率が向上します。

買取金額の増額につながる

ファクタリング会社を乗り換えることで、買取金額の増額につながる可能性があります。

他社の方が、より良い条件や柔軟な対応をしてもらえそうな場合は、乗り換えを検討しても良いでしょう。

優良企業に乗り換えると、より多くの資金調達、スピード感のある事業拡大につながります。

ファクタリング乗り換えのデメリット2つ

ファクタリング乗り換えのデメリットは以下の通りです。

  1. 審査書類提出の手間が発生する
  2. 信頼関係を築き直す必要性がある

それぞれ解説します。

審査書類提出の手間が発生する

ファクタリング業者を切り替える際には、新しい業者に対して必要な書類や情報を提出する必要があります。このような事務手続きに一定の手間や時間がかかる点はデメリットといえるでしょう。

既存のファクタリング契約から新しい契約への移行には、さまざまな文書作成や調整が必要です。特に、ビジネスの財務状況や信用履歴を確認するための審査書類提出には、慎重な対応が求められます。

信頼関係を築き直す必要性がある

既存のファクタリング契約から新しい提供業者に切り替える場合、信頼関係を築き直す必要があります。新たな取引先との円滑なコミュニケーション関係を構築するには、一定の時間を要する可能性があります。

信頼関係が構築されないままだと、円滑な資金調達が難しくなる可能性も。信頼関係構築にかかる時間や労力も考慮したうえで乗り換えを検討すると、後悔しない選択ができるでしょう。

ファクタリング会社を乗り換えるタイミング

ファクタリング会社の乗り換えを検討するにあたって、以下のタイミングが適切です。

  1. 手数料が高いと感じた時
  2. 入金スピードが遅い時
  3. 担当者との相性が悪い時
  4. 買取金額が低いと感じた時
  5. 債権譲渡登記が必要と判明した時

それぞれ解説します。

手数料が高いと感じた時

ファクタリング会社の乗り換えタイミングとして最も多いのが、手数料が高いと感じたタイミングです。サービス内容に対して手数料が適切でない場合、ファクタリング会社の乗り換えを検討する必要があります。

高額な手数料は企業の利益を圧迫し、資金調達の効果が薄れる原因になりかねません。競争が激化している現在、手数料が競合他社に比べて不利な場合、他のファクタリング会社への乗り換えが効果的です。

入金スピードが遅い時

急な資金ニーズに迅速に対応してもらえることは、企業にとって重要なポイントです。ファクタリングの本質は即金性なので、入金スピードが遅い場合、事業成長が鈍化する原因になりかねません。

他のファクタリング会社がより迅速な入金を提供できる場合、乗り換えることでキャッシュフローを改善できるでしょう。

担当者との相性が悪い時

ファクタリング契約は、長期的な取引となることが一般的です。担当者との信頼関係や円滑なコミュニケーションも重要な要素といえるでしょう。

担当者との相性が合わない場合、情報伝達の不確実性やトラブルのリスクが高まります。

ファクタリング会社の乗り換えを検討する際は、担当者との相性にも気を遣いましょう。

買取金額が低いと感じた時

売掛金の買取金額が他社に比べて低いと感じた場合、企業の資金調達のメリットが低下します。競争の激しいファクタリング市場では、より有利な条件を提供する会社が少なくありません。

買取金額が企業の成長や運営に不十分であると感じた場合、乗り換えの検討がおすすめです。

債権譲渡登記が必要と判明した時

債権譲渡登記が必要になると手続きの複雑性が増し、迅速な資金調達が難しくなります。ファクタリング会社の中には債権譲渡登記を必要とする会社も多いので、一度確認してみるのがおすすめです。

債権譲渡登記が不要なファクタリング会社に切り替えることで、手続きの簡素化と資金調達の迅速化を実現できます。

ファクタリング会社を乗り換える時の注意点

ファクタリング会社を乗り換える時の注意点は、以下の3つです。

  1. 債権の二重譲渡に気をつける
  2. 複数業者を利用し過ぎると審査に影響が出る
  3. 悪質なファクタリング会社を見極める

それぞれ解説します。

債権の二重譲渡に気をつける

ファクタリング会社を乗り換える際、既存の債権が新しい会社にもすでに譲渡されていないか確認が必要です。二重譲渡が発生すると、法的なトラブルが生じ、企業の信用が損なわれる可能性があります。

ファクタリング会社を乗り換える際は、現行契約の解約手続きが完了していることを確認しておきましょう。企業の信頼性担保のためにも、二重譲渡のリスクを回避することが重要です。

複数業者を利用し過ぎると審査に影響が出る

複数のファクタリング会社を同時に利用することで、企業の信用力や財務状態に疑問を持たれるリスクが生じます。審査機関は同時に複数の契約を持つ企業をリスクと見なすことがあり、これが審査結果に悪影響を与える可能性があります。

ファクタリング会社を乗り換える際は、取引先を慎重に選定し、必要であれば既存契約を解消した段階で検討しましょう。

悪質なファクタリング会社を見極める

新しいファクタリング会社を選ぶ際には、悪質な事業者に注意しなければなりません。低い手数料や高額な買取金額に目が行きがちですが、会社の信頼性や過去の実績も確認することが大切です。

そこで口コミや評判をリサーチし、契約条件や取引の透明性に焦点を当てると、トラブルを未然に防ぐことにつながります。

契約書の細かな条件も確認して、信頼性の高いファクタリング会社を選ぶことで、安心して資金調達ができるでしょう。

まとめ:ファクタリングサービスの乗り換えは慎重に検討しよう

ファクタリングサービスの乗り換えは、手数料の削減や手続きの簡略化、買取金額の増加などを見込める効果的な選択です。手数料が高い、手続きが複雑、買取金額が低い場合、他社への乗り換えを検討してみましょう。

信頼性の高いファクタリング会社を選ぶと、いざというときにスムーズな資金調達ができます。ファクタリング会社の乗り換えを検討している方は、本記事の内容を参考にしながら、信頼できる依頼先を選びましょう。

おすすめの記事